ごあいさつ

当院は私の祖父が昭和24年に開院した、歴史ある診療所です。その後は、長らく2代目院長である父(川野昇)が、地元密着の診療を行って参りました。そして平成27年7月から、私が院長(3代目)を継承いたしました。

私は鶴ヶ島で生まれ育ちました。医師の道を志し、大学病院などで経験を積み、地元に戻って参りました。自院の診療に加えて、むさしの幼稚園、杉下小学校、鶴ヶ島清風高校の学校医として健康診断も行っております。高齢社会に突入してまいりますが、地域医療に貢献できるよう、頑張って参ります。

専門分野は循環器内科(心臓病)ですが、家庭医として幅広い患者様のニーズに応えられるように、専門外の分野の勉強も続けております。在宅診療にもできる限り応えていきたいと考えております。

今後も地域の皆様に親しまれ、信頼される診療所となるよう職員心を合わせ努力してまいります。よろしくお願い申し上げます。

川野医院 院長 川野太郎


医師紹介

川野太郎(院長)

むさしの幼稚園、鶴ヶ島町立杉下小学校(当時)、私立開成中学・高校、日本大学医学部、日本大学大学院医学研究科修了

博士(医学)、総合内科専門医循環器専門医日本心血管インターベンション治療学会認定医

園医(武蔵野幼稚園)、学校医(杉下小学校、鶴ヶ島清風高校)、鶴ヶ島市介護認定審査会委員坂戸鶴ヶ島医師会理事

川野昇(前院長)

日本大学医学部、同大学院卒

医学博士、日本臨床内科医会専門医