5月8日以降(コロナ5類移行後)の医療費について

2023年5月8日に新型コロナウイルス感染症が5類感染症に分類変更されるのに伴い、新型コロナ関連検査の公費負担制度がなくなります。

5月7日以前は、コロナ検査を行って感冒薬等を処方した場合の自己負担額(3割負担の場合)は2,500円前後でしたが、5月8日以降はそれに加えてコロナPCR検査の場合は約2,550円、コロナとインフルエンザの同時抗原検査の場合は約1,690円自己負担額が増加します。また、コロナ患者の医療費(コロナ陽性判明後)は、5月7日以前は全額公費負担でしたが、5月8日以降はコロナ治療薬を除いた診察料や調剤料、薬剤費(解熱剤等)の自己負担は発生するようになります。(コロナ治療薬は当面公費負担が継続されます。)

テレビ等で発熱外来受診時の自己負担額は最大で4,170円と報道されておりますが、これは抗原検査の場合であって、PCR検査を行うと5000円程度となる見込みです。また、薬を院外処方で受け取る場合は、薬局へ支払う費用を含めると抗原検査であっても、4,170円を超えるケースも出てくると思われます。

当院では、発熱外来を受診された方に対して感冒薬(解熱剤や鎮咳薬など)の処方を原則的に院内処方で行っておりますが、コロナ治療薬(ゾコーバ、ラゲブリオ、パキロビッドパック)の処方を伴う場合はすべて院外処方となります。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

ゴールデンウィークの診療についてのお知らせ

下記のごとく休診日が多くなっております。ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

4月29日(土・祝):休診

4月30日(日):休診

5月1日(月):通常通り診療

5月2日(火):通常通り診療

5月3日(水・祝):休診

5月4日(木・祝):休診

5月5日(金・祝):休診

5月6日(土):休診

5月7日(日):休診

5月8日(月)~通常通り診療

臨時休診、診療開始時間変更のお知らせ

学校健診、乳幼児健診などのため、下記のごとく診療開始時刻の変更がございます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

3月20日(月) 9:00~12:00 15:30~18:00

4月17日(月) 9:00~12:00 16:00~18:00

4月18日(火) 9:00~12:00 16:00~18:00

4月19日(水) 9:00~12:00 16:00~18:00

4月20日(木) 臨時休診

5月15日(月) 9:00~12:00 15:30~18:00

5月23日(火) 9:00~12:00 15:30~18:00

5月24日(水) 9:00~12:00 15:30~18:00

年末年始の休診日に関するお知らせ

年末年始の休診日に関するお知らせです。

2022年12月28日(水)まで通常通り診療いたします。

2022年12月29日(木)~2023年1月4日(水)まで休診とさせていただきます。

2023年1月5日(木)から診療開始いたします。

年末年始の急病に際しては、坂戸鶴ヶ島医師会立休日急患診療所のご利用をご検討下さい。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

川野医院 院長

新型コロナウイルスワクチンのご予約について

新型コロナウイルスワクチンに関するお知らせです。

2022年12月11日現在、年内のご予約は電話予約、ネット予約ともに全て埋まっております。

(キャンセルが出た場合のみご予約可能ですが、現状ではキャンセルはほとんどありません。)

2023年1月以降のご予約受付開始日は未定です。

年内に接種をご希望の方は、居住自治体のコールセンターまたは他の医療機関にご相談下さい。

よろしくお願い申し上げます。

特定健診の予約受付終了のお知らせ

令和4年度の特定健康診査、後期高齢者健康診査(鶴ヶ島市、坂戸市の国保加入者)については、10月31日実施分まで全てご予約で埋まりました。

大変申し訳ございませんが、今年度の特定健診のご予約受付を終了させていただきます。

特定健診受診をご希望の方は、他の医療機関へお問い合わせいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、実施期間が限定されていない社保の特定健診につきましては、11月以降でよろしければご予約可能です。

ご不明の点がございましたら、お問い合わせ下さい。

川野医院 院長

令和4年9月26日以降のコロナ患者登録について

これまでは、新型コロナウイルス感染症と診断された方は全て保健所へ発生届を提出しておりましたが、令和4年9月26日(月)以降に診断された場合、

(1)65歳以上の者

(2)入院を要する者

(3)重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な者(または新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な者)

(4)妊婦

上記の4類型に該当する者のみが発生届の対象となります。

上記に該当しない場合は、発生届を提出することができなくなります。例えば、重症化リスクがあったとしても、解熱剤や感冒薬の処方のみで新型コロナ治療薬の投与が必要ない65歳未満の方は、届出対象外となります。

新型コロナウイルスに感染したが届出対象外の方で、自治体の支援を希望される場合は、自分自身で陽性者支援センター(健康フォローアップセンター)へ登録していただく必要がございます。埼玉県の場合はこちらのページから登録して下さい。ご不明の点は、陽性者登録窓口コールセンター(電話番号:0570-007-989)へご相談下さい。

電子申請の際に検査陽性の証明が必要となるため、令和4年9月26日(月)以降に当院の発熱外来を受診して新型コロナウイルス検査(PCR、抗原検査)で陽性だった場合、希望により証明書を発行いたします。